• Cocon de Soie

肌が乾燥する人必見!肌を保湿することで得られる効果とは?


冬になると肌が乾燥してしまい、カサカサ肌や白く粉吹いた肌に悩まされる人は沢山いると思います。乾燥肌は肌荒れの原因にもなるので、なんとか乾燥を防ぎたいですよね。乾燥肌には保湿が良さそうなイメージですが、保湿によって得られる効果がわからない人もいるでしょう。今回は保湿をすることにより、肌にとってどんな効果があるのか教えたいと思います。

1.肌が乾燥する原因


肌が乾燥する原因は様々ありますが、肌の表皮にある「角層」が大きく関わっているのはすべての原因に共通していえるでしょう。角層は肌表面をバリア機能により、あらゆる刺激から肌を守っています。しかしこのバリア機能が低下することにより、肌は内部から水分が出やすくダメージを受けやすくなってしまいます。

・生活習慣によるダメージ

健康的なハリ・ツヤがある肌は、皮膚細胞が1ヵ月~1ヵ月半で生まれ変わる「ターンオーバー」によって、正常に保たれています。夜更かしによる睡眠不足は、体内の成長ホルモンの分泌を阻害し、ターンオーバーの停滞を招いてしまいます。また過度なダイエットや偏食といった、慢性的な栄養不足は、ターンオーバーに必要な皮膚細胞の成長も抑えてしまうので、ハリ・ツヤがある肌が育たなくなるでしょう。

・紫外線によるダメージ

紫外線は肌老化の原因だけでなく、肌表面にダメージを与えて角層から水分を奪う要因にもなるでしょう。角層からの水分流出は乾燥肌の原因になるだけでなく、肌がごわついてしまいます。紫外線によって肌表面にかいた汗は、雑菌の繁殖を促してしまい、一時的に肌のバリア機能を弱くしてしまいます。

・加齢によるダメージ

肌内部の保湿成分、皮脂成分は加齢によって減少してしまいます。これらの成分は肌のバリア機能を構成しており、これらの成分が減少することにより、あらゆるダメージを受けやすくなってしまうでしょう。赤ん坊は肌のバリア機能が完成していないので、乾燥での肌トラブルを容易に受けてしまいます。年齢における乾燥肌は、年齢を問わず誰にでも起こる可能性があるといえます。


2.肌の保湿とは


保湿は乾燥肌を防ぐだけでなく、スキンケアの基本であり、最も重要なものだといえるでしょう。正しく保湿された肌は、細かなキメや潤いを与えてくれるだけでなく、ハリ・ツヤも与えてくれるので、エイジングケアとしても重要視されています。スキンケアだけでなくエイジングケアにも有効な保湿は、女性にとってはありがたいですよね。女性の味方ともいえる保湿は、乾燥肌にどのような効果があるのでしょうか。

・肌のバリア機能強化

肌を保湿することにより、肌表面のバリア機能を強化できます。クリームやジェルによる保湿成分は、肌表面をコーティングしてくれます。コーティングされた肌は、紫外線などの外部からのダメージを阻害するので、肌表面への影響は受けにくくなるでしょう。

・肌にハリ・ツヤを与えてくれる

保湿をすることによって肌表面から内部に水分が浸透しますので、肌に潤いを与えてくれるでしょう。内部に浸透した水分はクリームやジェルの保湿成分により、肌表面がコーティングされるので、外部へ流出しにくくなるのも特徴です。肌にハリが出ることによりしわも伸びるので、若く見られるのもオススメだといえるでしょう。

・肌色が明るくなる

保湿をすることにより、肌のターンオーバーを正常にすることができます。ターンオーバーは健康的な肌だけでなく、加齢による色素沈着を防いで老廃物を排出してくれるので、肌に明るさを与えてくれるのも特徴です。

3.まとめ


保湿は乾燥だけでなく、生活習慣にも大きく関わっていますが、すぐに生活習慣を変えることは難しいでしょう。今すぐに乾燥肌を防ぐための保湿を始めたい方には、「モイスチャライザー セラム」がオススメです。「モイスチャライザー セラム」は、ケイ素やミネラルが豊富な日本海岩内海洋深層水を使用しており、保水成分と肌に必要なアミノ酸が潤沢に使われています。余計な成分は一切使われていないので、肌バリアを壊すことなく、ずっと使い続けられる保湿剤だといえるでしょう。乾燥肌に悩んでいる人は、「モイスチャライザー セラム」で保湿効果を実感してみてください。