• Cocon de Soie

ニキビはどうしてできるのか?ニキビを防ぐには肌の保湿がオススメ


思春期の頃はニキビに悩まされることはありますが、大人になるにつれて、ニキビは落ち着くと思います。しかし、このような思春期ニキビではなく、大人になってもニキビに悩まされる人も沢山いるでしょう。大人になってもニキビになるのはどうしてでしょうか。そのようなニキビは保湿で防げることはあまり知られていないと思います。今回は大人になってもニキビに悩まされている人に、肌の保湿をオススメする理由を説明します。


1.ニキビができる原因


思春期の頃のニキビは、皮脂の過剰分泌によるものだといわれていますが、大人になるにつれて皮脂の過剰分泌は落ち着きます。大人になってもニキビになるのは、肌の状態や生活習慣が大きく関わっているでしょう。それでは大人になってもニキビになる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。


・乾燥肌によるバリア機能の低下

肌の角層は、肌表面をバリア機能で保護しており、外部からのあらゆる刺激から肌を守っています。肌が乾燥してしまうと、このバリア機能が弱くなってしまい、肌は自らを守るために角層を厚くしてしまいます。これにより、ニキビができやすくなるといえます。


・ターンオーバーの停滞

睡眠不足や食生活の乱れ、ストレスといった生活習慣はターンオーバーの停滞を招いてしまうでしょう。ターンオーバーは1ヵ月~1ヵ月半の周期で、肌をハリ・ツヤのある健康的な肌に生まれ変わらせるものですが、ターンオーバーの停滞は古い角質の沈着を引き起こしてしまいます。古い角質が溜まることにより、毛穴を詰まらせてしまい、ニキビの発生につながるでしょう。


・生理周期による影響

女性は、生理周期の影響により、ニキビができやすくなる時があります。排卵後から月経前までは、皮脂が多くなり、ニキビや吹き出物ができやすくなります。生理周期の影響は、ニキビの発生だけでなく、肌荒れもしやすくなるでしょう。


2.保湿によるニキビ対策


大人になってから発生するニキビは、思春期の頃のニキビとは異なり、乾燥による肌のバリア機能の低下で発生することが多いでしょう。保湿は乾燥によるニキビの発生を防ぐ上で、最も重要なスキンケアになるので、洗顔時にしっかり行うようにしましょう。


・ニキビ肌向けのスキンケア化粧品

ニキビは皮脂の過剰分泌でもなりますので、スキンケアに使用する化粧品は油分が少ないものを選ぶようにしましょう。またニキビは、肌のバリア機能の低下によっても発生するので、肌への刺激が少ない化粧品を選ぶのもニキビ対策の1つです。スキンケア化粧品を選ぶ際には、紫外線吸収剤フリーやノンケミカル設計といった、肌に優しいものを選ぶようにしましょう。


・洗顔時の保湿を心がける

汚れや皮脂を落とすために、洗顔を心がけるのは良いですが、過度な洗顔や刺激の強い洗顔料を使用するのは控えるようにしましょう。洗顔は低刺激性の洗顔料で、ゴシゴシと肌を擦るのではなく、泡立てた洗顔料で優しく肌を覆うように洗うようにしてください。洗顔料をすすぐ際は、ぬるま湯ですすぎ落とし、肌への刺激を抑えるようにしましょう。


3.まとめ


ニキビは大人と子どもによって、それぞれの原因は異なり、ニキビ対策もそれぞれ異なるといえるでしょう。ニキビに悩み、より効果的にニキビ対策を行いたい方には、「モイスチャライザー セラム」がオススメです。「モイスチャライザー セラム」は、染み渡るような保水成分や肌の活力になるアミノ酸も豊富に含まれているので、傷付いたバリア機能も回復してくれるでしょう。洗顔時の保湿に使うことにより、肌の内部から肌の調子を整えてくれるので、ニキビ対策にはオススメだといえます。ニキビに悩み、ニキビ対策の保湿を行いたい人は「モイスチャライザー セラム」で、ニキビとはお別れしちゃいましょう。