• Cocon de Soie

乾燥肌に悩む人必見!肌を保湿する効果的なタイミングとは?

毎年のように、冬の乾燥肌に悩まされ、肌の保湿を欠かせない人は沢山いると思います。女性は男性と違い、化粧をする場面も多いので、保湿にこだわっている女性も多いですよね。そのような保湿において、乾燥肌を防ぐ効果的なタイミングがあるのはご存知でしょうか。今回は肌の保湿において、最も効果的だといえるタイミングを教えたいと思います。


1.効果的な保湿のポイント


乾燥肌を防ぐために、化粧水やクリームを使い、肌の保湿をする人がほとんどだと思います。そのような保湿において、抑えておきたい効果的なポイントがあるのはご存知でしょう

か。このポイントを抑えてくことにより、いつもの保湿がより効果的なものになりますよ。


・適量を守りましょう


保湿において、化粧水や保湿クリームを使って、スキンケアをするのは必須だといえるでしょう。これらの保湿剤には適量があり、それぞれに見合った有効成分量は存在しているといえます。もったいないからという理由で、推奨量よりも少量しか使っていないと、それぞれの有効成分を活かしきれず、保湿効果も得られないでしょう。もったいないという気持ちは捨てて、適量を守り、しっかりと保湿剤を使うことが大切です。


・保湿は清潔な状態で行う


肌に雑菌が付着していると、せっかく保湿をしても肌と保湿成分の間で雑菌が繁殖してしまいます。肌表面での雑菌の繁殖は、匂いや肌荒れなどの肌トラブルにつながりますので、保湿は清潔な状態で行うようにしましょう。肌を洗い、清潔な手で保湿を心がけるようにしてください。


・洗いすぎには注意しましょう


保湿をする前に、肌を清潔にすることは大切ですが、洗い過ぎてもいけません。肌をごしごしと擦り過ぎてしまうと肌表面が傷付き、肌バリア機能が低下してしまいます。そこに洗浄力が強い薬剤を使ってしまうと、もっと肌バリアは損傷することになり、外部からの刺激を受けやすくなってしまうでしょう。肌を洗う時は優しく擦り、低刺激な薬剤で洗うようにしてください。


2.保湿をする効果的なタイミング


保湿により肌に潤いを与えるためには、保湿をするタイミングが重要です。保湿は主に朝晩の2回であり、それぞれ適したタイミングで行うことによって効果的な保湿となり、良好な肌を保てるでしょう。


・朝:起床後の洗顔時に保湿を心がける


寝ている時に肌表面には、皮脂や汗、雑菌が付着してしまいます。これらはぬるま湯で落ちますが、それと同時に毛穴も広がり、肌内部から水分が出やすくなってしまいます。しっかりとぬるま湯で洗顔をして、汚れを落としてから、保湿をしましょう。これによりお出かけ前の化粧において、化粧品に含まれる薬剤からの刺激からも、肌を守ることにもつながるといえます。


・夜:お風呂上りの保湿を心がける


お風呂上りは、肌表面の水分が出やすく、乾燥しやすい状態だといえます。お風呂上りには保湿を行うことで、肌内部に水分を行き渡らせて水分量がある肌を保てるようになります。化粧水だけでなく保湿クリームを併用し、肌内部に水分を閉じ込めるだけでなく、適度な油分で肌にしっとり感を与えるようにしましょう。


3.まとめ


保湿はただ化粧水や保湿クリームを使えばいいというわけではなく、使うポイントやタイミングが重要だといえるでしょう。乾燥肌に悩み、より効果的な保湿を行いたい方には、「モイスチャライザー セラム」がオススメです。「モイスチャライザー セラム」は、ケイ素やミネラルが豊富なだけでなく、製肌成分といわれる「アルジレリン」を配合しており、傷付いたバリア機能も回復してくれます。合成香料や石油系界面活性剤は不使用無添加であり、年齢や肌質を問わず誰でも使いやすいのもオススメです。乾燥肌に悩み、効果的な保湿を行いたい人は「モイスチャライザー セラム」でタイミングの良い保湿を始めましょう。